スポンサーサイト

2016.06.20 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    子どもオヤジ

    2015.07.10 Friday

    0
      昨日は12月21日、旧暦の冬至。冬至、民間では寒の入りました。老一生児の口癖:天阳冬至十数年来、もう遠くないこと大年!私は好きな雪のお遊び童寒くなって、雪を見ても、利便性の多くなった!

      街の人は「夾身」したダウンジャケット。先日に降ったBrushless motor manufacturer雪が、まだ完全に尽くした化、昨日はびっしり紡い一枚、朝私の道を行く格別な違和感。私はこの声の中だけでなく、注意、弔肝っ玉児。そして、私は:人生は本当にもろにリスク?

      会社のときには、もう明るいが、遠くの冷たい山、猶は隠れて人dermes cpsの夢の中で、私はしたくないこの異郷の旅人だけにする!

      情どうして暗い、子どもオヤジ?

      覚えてる、朝早く売りのおばさんが、「今日の日はいっそう寒くなった!」私は「はあやふやな」。まだ間に合わないもっと談幾句、両足はバスにmathconcept向かって駆けつけた。

      霧茫茫の野田、更に無1か所は人。三点の切っ先が唯見、都市のビルに。見え隠れするのには、この心の中での滯百八十て慌てて。

      冬至、北方出身の私を照らし、ましてや執着の習慣で、昼は同僚と2つの大きな皿の餃子を食べてこそ完結。餃子冷凍:1斤はニラ卵の;また1斤は豚肉ネギの!

      これは子どもオヤジの雑感ました。冬至についての記憶。あなたは?あなたは私と同じに、やっとも餃子を食べたのにひと冬風韻?

      スポンサーサイト

      2016.06.20 Monday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする