スポンサーサイト

2016.06.20 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    葉が

    2015.09.18 Friday

    0

      誰かの舎てないで、風の中盤回っては誰の温情、温かくなりました三千過去、いずれかのあやまりを気に、思う存分で流れて、思う存分高騰

      もしかすると、いくつか時間をつぶし割れだけに、あるエピソード永遠あなた時間が短くて、思って、私は黙して舞い降り時ではなく、風と別れつかの間、勇気がない慣れた静かに去って、習慣、間に合わないさよならと言って、はすでに禁固すべて記憶の習慣もしいつか、あなたが通りすがりの私の時間、可否を思い出して、1枚の淺黄昨日一葉の呼吸

      紅塵は、お互いが、一度輪廻の、定められてしまうなく殘念に適した時間の中で、向かい合えなかったように初めて会う時の一巻は淺く澄みきっている、半か、内にしかないバインド過分の望みも、あなた支配する分からないで、たくさんのにして、あなたは目私の方向私はただ一樹優形の考え事、配置あなたはもしかすると通る曲がり角出会ったときの目印として、任握りしめた思い合って、助けて一回の徹底的な告白

      あなたは誰の彼方には気にして、誰があなたの心配は遠く袭素韵すべてをカバーして;誰しなやかで、隠したぼんやりしの上に、淡い素言、最終的に光陰零れ落ちるが目を覚まさない時の眉間暖かい読ん、とっくに遠山ひと重ねの淺い安置されて风轻云淡一角、澄んでいるきらきら徘徊時と街角任你唐風宋詞手法、羅列放牧囚われのよしみそして、僕は薫る清涼時節に、ぼけっと待って長い年月が経過し変わらない

      もとは、一部のはすでに深く骨髄;、忘却できないかもしれないでは、この時期、私は1か所の記憶の手のひらに書いてね、別れ時間